Hawaiiに恋して

こんにちは、ichidoです。
都内スタバより・・・
 
 
 
気温の差が激しく暖かい日があると
余計に寒い日が劇寒に感じます。
 
肩に力が入るほど体を硬直させて
歩くのは正直しんどい。
 
朝の太陽の陽の光を浴びてると
Hawaiiのあの気候を羨んでしまいます。
 
1つしかない同じ太陽なのに
こうも違うもんかねーと考えてしまいますね。
 
なんでHawaiiが人気あるのか?
 
日本にない気候風土、Too matchな食べ物
虹、海、バカンス・・・・
服装も大きな要因ですね。
 
スーツ姿のビジネスマンを
あまり見かけません。
 
色々人によって感じ方は違うでしょうが
日本人にとってまさにそれ!と思うのは
Hawaiiにはビジネス感が感じられない
所が大きな理由ではないかな?と
 
規則正しく時間通りに忙しく働く
我々日本人にとっては
まさにバカンスで訪れるには
最適な場所になるんです。
 
スローライフってやつです。
 
Waikikiの街中を走り回るバス。
 
トロリーバスですね。
 
各航空会社や旅行会社・カード会社
などが運行しているのですが
 
あれもビジネスで運行しているのは
もちろんでしょうが利用者の
我々はほとんどビジネス感を感じません。
 
日本の都バス、市バスなどとは
存在価値が違うのです。
 
開放的な窓無しオープンで
街の景色がより良く見えるように
横向きの座席配置であったり
二階建てのオープンであったり
と様々です。
 
 
Waikikiにも現地住民も利用する
路線バス(TheBus)はあります。
クーラーガンガン効いてます 笑
 
ではHawaiiの何がビジネス感を
感じさせないのか?
 
一つは前述したような
リゾートとしての街づくりと
戦略的バカンス国としてのあり方。
 
二つ目はHawaiiに訪れる人々の
目的と気持ちです。
 
なぜHawaiiに行くのか?
現実を忘れて一時のスローライフを送りたいから。
 
 
何をHawaiiでしたいのか?
バカンスとして温暖な気候、虹が観れる
や食べ物や海、短パンTシャツで
ラフに過ごせるなど・・・
 
日本にはない現実逃避が
ワクワクに拍車をかけて
それぞれの理想と想いが
より一層Hawaiiを魅力的に
しています。
 
Hawaiiに最初に訪れた時は
ここで一生暮らせたらいいなー
と思いましたね。
 
でも何度か訪れるうちに
一生じゃなくてもいいなー
とも思い始めました。
 
飽きてきたのではなく
日本はやはり便利で綺麗で
素晴らしいとも気づけたのです。
 
HawaiiにはHawaiiの良さ。
日本には日本の良さ。
 
そこに気づいてしまうと
ichidoの思考回路も変化して
いきます。
 
寒い日本の何ヶ月間を常夏の
Hawaiiで過ごせたらichido
は最高だ!の思考です。
 
自分のライフスタイルを
描く、チョイス出来るようになりたいと。
 
これ最高だと思います。
 
夢、なんて大げさじゃなくて
全然いいんです。
 
今の自分からほんの少しでも変わる。
一歩を踏み出してみる。
これが変化の始まりです。
 
『始まりはいつも小さい』
『始めるのに遅すぎることなんかない』
 
 
日常生活からやってみたらいいんですよ。
 
ichidoも全くの平々凡々の普通の
生活でしたから。
 
変わりたいし変えたいけど
その方法は何?みたいな。
 
どうせうまういくわけない、とか。
 
よくわかります、ichodoも全く同じでしたから 笑
 
いろんな記事や情報でもみんな言ってましたしね。
 
でもどうしても普通は嫌だったんです。
 
このどうしてもが動きだすPowerに
なっていたんでしょう。
 
やってみましたよ新たなる動きを。
 
壁はどんどん来ましたけど
特別でかい壁はやってきませんので。
 
自分に来る壁は自分クラスしかやってきません。
 
サラリーマンの副業から月収〇〇万円稼ぐ方法!など
もうたくさん出ていますよね。
ichidoも腐るほど見てきました。
 
でもichidoチャレンジしたんです。
 
Tさんとの出会いによりそこらへんの胡散臭い
情報ではなくしっかり稼げる人になるそして
 
・何で始めるのか?
・始めてどうなっていきたいのか?
 
という志に共感してスタートしました。
 
ichidoの始めたのは
【中古ゲーム機せどり】です。
3高せどりと思ってます。
 
スタートしてすぐ結果は出ましたね。
 
これからichidoは同じ思いで悩み
志ある仲間と情報を共有していきたいと思い
コミュニティを立ち上げます。
 
ただ稼ぐ人ではなく
稼げる人になりましょう!
 
少数を予定しておりますので
最新情報をチェックしておいてください。
 
 
Hawaiiとichidoの未来に
恋しながら・・・
 
 
ichido
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ