ストレッチをバカにするな!

こんにちは、ichidoです。
 
都内スポーツジムロビーにて・・・
 
 

 

応援クリック励みになります
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

応援クリック励みになります


せどり ブログランキングへ

 
 
先日ちょっと軽い
 
腰痛を発症したことから
 
整形外科医や整体師から
 
指摘を受けました。
 
 
 
・筋トレによるオーバーワーク
 
・ストレッチ不足による
 
 筋肉の硬直化
 
・骨盤のゆがみなど
 
・体幹の強化不足
 
 
 
整体師からは
 
はっきり言って
 
筋トレに関しては
 
バーベルなどのベンチプレスなどは
 
必要ない!とのことでした。
 
 
とにかく
 
しなやかな筋肉をつけてください!
 
 
運動前後のストレッチを入念に
 
してください!
 
 
と言われました。
 
 
 
ストレッチが意外にも
 
かなりのキーになるようです。
 
 
座骨神経痛などで悩んでる方は
 
痛くない程度の
 
ストレッチを毎日していくと
 
痛みの緩和回復につながるようですよ。
 
 
 
ということで
 
幸い軽い症状だったので
 
ジムにてストレッチを入念に
 
してきました。
 
 
トレーナー指導のもと
 
全身ストレッチをしてから
 
下半身を中心とした
 
ストレッチに切り替えます。
 
 
 
ところが
 
これが結構痛いんですよ!
 
ゆっくり時間をかけて
 
伸ばしていくんですが
 
今まで我流でやっていたやり方
 
と全く違う。
 
 
体が硬いので余計効きます 泣
 
 
ゆーっくり息を吐きながら
 
筋肉や筋を伸ばしていく。
 
 
例えばハムストリングスや
 
大臀筋・梨状筋・・・などなど
 
 
 
幾つかの例題です。
ストレッチ
 
膝を立てて、両手を後ろに置きます。
 
右脚を左腿の上に載せます。
 
息を吐きながら胸を腿に近づけます。
 
左右10〜30秒。
 
 
 
 
ストレッチ1
 
お尻のストレッチ1”の姿勢から
 
両足を右の方に倒して
 
右膝を両手で胸に引きつけます。
 
左右各10〜30秒。
 
 
 
 
 
ストレッチ2
右脚を曲げ、左脚を右脚の上に置きます。
 
左膝を軽く曲げながら
 
背すじを伸ばしたまま
 
上半身を胸に近づけます。
 
左右各10秒〜30秒。
 
 
 
 
ストレッチ4
左膝を曲げ、右脚を外側に開きます。
 
両手を前について背すじを伸ばしたまま
 
上半身を前に倒します。
 
この時、おヘソを前に突き出す
 
意識が大切です。10秒〜30秒。
 
 
激痛が走るとことまで
 
やってはダメです。
 
 
 
ただ先ほども言ったように
 
このようなストレッチも
 
我流だと効いてるようで
 
実はあまり効果が
 
期待できない
 
もしくは半減してしまって
 
いる。
 
 
とプロのトレーナーが
 
言ってます。
 
 
 
このストレッチの形は
 
なぜそのアプローチなのか?
 
どんな筋肉に
 
どんな効果があるのか?
 
 
ここを理解してやるのとでは
 
大きな違いが出るようです。
 
 
 
なるほど〜
 
本質を理解して
 
実践していく。
 
 
 
ウォ〜!
 
まさにビジネスと一緒じゃん!
 
 
せどり・アフィリエイト
 
情報発信とネットビジネスを
 
展開していますが
 
スタート当初から頭に
 
叩き込んだこと。
 
 
『本質を見極め理解する』
 
 
このおかげでスタート時の
 
3高せどりでも我流にならず
 
稼ぎ続けてますし
 
情報発信へとステップアップ
 
することができています。
 
 
やはりこのマインドの
 
理解力はビジネスにおいては
 
とても大切に思います。
 
 
多くの稼げていない人は
 
この部分が欠けていたり
 
深く理解していないのでは
 
ないかとも思います。
 
 
 
当然結果に反映されますよね。
 
 
まず3高せどりで結果を出したい仲間には
 
この部分をしっかりと理解してもらいながら
 
稼げる人になってもらいます。
 
 
巷の
 
「3クリックで〇〇万円」
 
では本質の理解もないまま
 
稼ぎ続けていくのは厳しいでしょうね。
 
 
始まりはいつも小さい!
 
 
継続してこそビジネスです。
 
志ある未来観をもった仲間を
 
待っていますよ!
 
ichido-giveyou.com
 
 
 
PS.本格ストレッチで
 
 若干体が柔らかくなったように
 
 感じます。
 
やっぱりプロってすごいなぁ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ