無理しちゃダメ

こんにちは、ichidoです。
 
都内ツタヤcaféより・・・
 
 
 
 
毎日やりたいことを思う存分やっているか?
 
それとも
 
やりたくないことを無理してやっているか?
 
 
こう言われたら
 
大抵に人は後者のほうに手をあげるでしょう。
 

 

 

応援クリック励みになります
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

 

 
 
もしそうだとしたらこれから先
 
やりたくないことを無理してやるのは
 
なるべく控えた方がいいと思います。
 
 
「周囲から白い目で見られそうだから」
 
「みんながそうしているから自分もそうしないと」
 
 
といった具合に
 
周囲の目をうかがいながら
 
自分の意に反することをやり続けていると
 
これまた自分らしさを見失ってしまうことになるからです。
 
 
 
かといって誤解しないで欲しいのですが
 
何も「いやなことは一切しなくていい」
 
「放り投げてもかまわない」
 
と言ってるわけではありませんよ。
 
 
「本当はこれをしたい」
 
「AよりもBの方がいい」
 
という欲求があれば
 
そちらの方を優先して欲しいですね。
 
 
 
僕も入社数年の若い営業の仕事時代に
 
「運動不足とストレスの解消を兼ねて
 
 学生時代夢中になってやっていたテニスをまた始めよう」
 
と思い立ちました。
 
 運動不足
 
ところが!
 
 
上司のこの一言が僕を間違った道へと
 
進ませてしまったのです。
 
 
「どうせやるんだったらゴルフにしろ。
 
接待ゴルフだって仕事のうちだぞ!
 
俺がレクチャーしてやる」
 
 ゴルフ
 
そこで僕は高価なゴルフ用品一式購入。
 
上司と毎週末練習場に足を運ぶようになったのですが
 
結局何ヶ月やっても上達しませんでした。
 
 
理由はいたって簡単です。
 
 
やりたくないものを無理してやったからです!
 
 
僕は本当はテニスがしたかった。
 
テニスなら得意だし爽快で楽しい気分になれる。
 
 テニス
 
ストレスも解消できるかもしれない。
 
けれども
 
ゴルフには全く関心がないのに
 
上司の勧め(命令)で仕方なくやっていた。
 
 
だからちっとも楽しくない。
 
本気になれない。
 
そのためいっこうに上達しなかった・・・というわけです。
 
 
 
興味や関心がないこと
 
イヤなことを無理して続けても
 
かえってストレスがたまる一方で
 
いいことなど一つもないんです。
 
 ストレス
 
それだったら
 
「やりたいこと」
 
「本気になれること」
 
「興味のあること」
 
にエネルギーを注ぎ込むことです。
 
 
そうすれば
 
今まで埋もれていた能力(才能)
 
を呼び起こすことができますし
 
個性を磨くチャンスだって開けてくるのです。
 
 
 
ただしここでこの
 
「ゴルフができるようになる」
 
というのがどうしても避けて通れないものだった場合。
 
というパターンもありえますね。
 
 
次回はその続きをお話しします!
 
 
 
 
3高せどりの仕組みを正しく理解し、稼げる講座を用意しました。

コチラのメルマガ講座に登録して下さい。

      ⬇︎⬇︎⬇︎

名称未設定_2

 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ