ボロアパートには似合わない

こんにちは、ichidoです。
 
都内スタバより・・
 
 
 

本日も応援クリックよろしくお願いします

      ⬇︎⬇︎⬇︎

     にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
    にほんブログ村

 
 
 
昨日3高せどりの対面面談でお会いしたKさんが言ってくれた言葉が
 
一晩経った今朝でも僕を熱くさせます。
 
 
 
「今日、ichidoさんが言ってくれた言葉のおかげで
 
私は頑張れそうです。
 
それで自分の夢を叶えることができます!」
 
と言ってくれました。
 
 
 
自分が言った一言で誰かが幸せになったり頑張れたり
 
その人の夢が叶ったりするというのは
 
とても嬉しいことですし
 
ましてそれが自分の周りの大事な人たちだったりしたら最高です。
 
 
 
 
むかし
 
僕の口の悪さで発奮して
 
その人が頑張ったという例もあります。
 
 
 
 
だいぶ前に
 
仲良しの友人Uのアパートに遊びに行った時です。
 
 
 
その当時彼はものすごく汚いボロアパートに住んでいて
 
「頑張って働いてもっと広い部屋に住みたい」と
 
いつも言っていました。
 
 
boro
 
 
 
話をしていて友人Uが
 
「すごいいい曲があるんだよ」と言って
 
あるCDをかけてくれたんです。
 
 
 
それはジョージ・マイケルの
 
「Kissing a fool」という曲で
 
確かにとてもカッコいい曲でした。
 
george
 
 
 
しかし僕はつい
 
「これすごくカッコイイ曲なんだけど
 
でもこのボロアパートには似合わない」
 
と言ってしまったんです。
 
 
 
今思うと僕もかなり失礼でしたが
 
友人Uは本当に気のいいヤツだったので
 
「そうかもしれないなぁ」と言って
 
他の曲に変えたんです。
 
 
 
 
そして友人Uは
 
その曲が似合う部屋に住めるようになろうと
 
ビジネスを頑張ったみたいで。
 
 
 
 
あとで彼の新しい部屋に招かれた時に
 
彼がいきなりその曲をかけた時は
 
「やられた!!」
 
と思いました。汗
 
 
 
 
小さなリベンジ!
 
といったところです。
 
 
 
 
僕が思い出したのを見て
 
友人Uは
 
「あのときああ言われたから頑張れたんだ。ありがとう」
 
と言ったんです。
 
 
 
マジか!
 
こいつスゴい!と感動してしまいました。
 
 kando
 
 
こういう瞬間に
 
僕はもっと他の人の夢を叶える手伝いみたいなものがしたい
 
と思うようになったんです。
 
 
 
 
その思いが日々培われていく中で
 
ネットビジネスの入り口になる
 
3高せどりと出会い
 
自分で結果を出せたことで自信になり
 
その後の情報発信へとステップアップすることができたんです。
 
 
 
そして今度はそれらを夢を求めている人に還元していく。
 
 
give youの精神で夢を叶える手伝いをしている最中となっています。
 
 
 
 
 
コミュニティーも着々と育ってきていて
 
要望が増えてきた
 
ワークショップの企画をそろそろ立ち上げようと思います。
 
 
 
セミナーなんか行くよりワークショップがスキルアップなどには最適です!
 
 
コミュニティーメンバーを優先枠として考えていて
 
その後一般のご参加といった形にしようと思っています。
 
 
 
企画人数も多数は考えておりませんので
 
よろしくお願いします。
 
 
 今後、お知らせしますので
 
こうご期待ください!!
 
 
 
 
    まずはご登録を!
      ⬇︎⬇︎⬇︎

3高せどりコミュニティメンバーヘッダー___lp

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ