見てくれで判断する?

こんにちは、ichidoです。
 
都内自宅より・・・
 
 
la
 
だんだんだんだんL.A渡米が近づいてきました!
 
デパート・薬局・100円ショップなど
 
買い物にも熱が入ります。
 
 
機内は乾燥して喉がやられるので
 
潤うマスクは必ず常備していきます。
 
IMG_6997
 
 
L.Aやカリフォルニアに行くんですが
 
現地は気温30℃くらいで暑いみたいですが
 
湿度が低くカラッとした暑さなので
 
日陰などでは涼しいようです。
 
 
 
日本の蒸し暑いまとわりつく暑さは苦手なので
 
ちょっとした逃避行にも思えます。 笑
 
 
だから一応100円ショップで扇子なんぞを購入。
 
ジャパニーズアイテムを持っていきます。
 
 
 
 
IMG_6999
 
 
 
そしてデパートでセールをやっていたのでラッキーということで
 
当日着ていく洋服も安く買えました。
 
 
IMG_7001
 
 
 
前の僕は洋服なんてなんでもよくて
 
見かけなどあまり気にしないタイプでした。
 
 
 
でも出会う人ややっているビジネスなどによって
 
だんだん意識改革して行ったんです。
 
 
 
 
「人間は見かけよりも中身が大事だ」とよく言われます。
 
 
でもなんだかんだ言って
 
人はやはり目の前にあるものでパッと第一印象というものを決めてしまいます。
 
 
 
中身はその次なんです。
 
 
つまり中身まで見たくなるには見てくれから始まるんです。
 
 
九割方がまずこの段階で処理されるんじゃないかと思います。
 
 
 
人間は簡単なほうを選びがちですから
 
中身が良いものを探し出してその中からさらに見てくれの良いもの選ぶよりは
 
とりあえず見てくれの良いものを選んでその中から中身の良いものを
 
ということになるんです。
 
 
 
それに本当に中身の良い人というものは
 
最近は見てくれもしっかりしているもののようではないでしょうか。
 
 
 
 
戦後間もない頃など物資が不足していて
 
質素にせざるを得なかった時代などだったら
 
「着ているもので判断するな」なんてこともよくわかりますが
 
 
 
この現代社会の中では
 
普通にしていればみんなある程度きちんとした格好が可能です。
 
oshare
 
だからそれでなおかつ他人に
 
「えっ」と思われるような見てくれになるということは
 
本人の中身の問題なのではないかと思います。
 
 
 
 
親切で真面目で思いやりがあっても
 
汚い服を着て髪の毛がボサボサだったら
 
素晴らしい中身がわかるほどの付き合いはしないかもしれません。
 
 
 
ビジネスとしてもおそらく残念でしょう。
 
 
それは非常にもったいない!!
 
 
だからやっぱりスタートは見てくれだということです。
 
 
 
これは何も容姿の良し悪しで人生が決まるとか
 
そういうことを言っているわけではありません。
 
 
 
 
どちらかというとマナーに近いものがあるかと思うのですが
 
人に不快な思いをさせない最低限の身だしなみはやはり必要ではないか。
 
ということです。
 
 
 
ネットビジネスと言ったってPCのみでビジネスの完結は無理ですし
 
飛躍もできません。
 
 
せどりだってそうです。
 
必ず人との触れ合いの中で育っていくものです。
 
 
 
この感覚も大事にしていきます。
 
 
 サラリーマンの副業からスタートした
      ⬇︎⬇︎⬇︎

3高せどりコミュニティメンバーヘッダー___lp

 

 

本日も応援よろしくお願いします 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ