錦織圭選手のウィンブルドン

こんにちは、ichidoです。
 
都内自宅より・・・
 

 

本日も応援よろしくお願いします
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

 
 
 
 
いやー。錦織圭選手残念でしたー!
 
日本人としては1995年松岡修造選手以来21年ぶりの8強まであと一つということで
 
夜中のテレビ観戦で応援してましたが結果は棄権となってしまいました。
 

 
 
※yahooニュース引用
 
錦織の様子はゲーム当初から、明らかにおかしかった。
 
サーブもラケットの振りは軽く、相手のリターンも追えない。
 
気力でラケットを振り続けたが、左脇腹の痛みは限界に達していた。
 
試合後は「2大会連続での棄権は情けないし、悔しい」とうなだれた。
 
第1セット第2ゲーム。錦織のサーブは相手のコートに入れるだけだった。
 
激しい動きはできず、ストロークでもまともに打ち合えない。
 
第1セットは1ゲームを奪うのがやっとだった。
 
 昨年は2回戦を前に棄権しており、テニスの聖地で勝ちたい意地があった。
 
マイケル・チャン・コーチが「もう無理」という仕草を見せたが「悪くなっても筋肉のけが。
 
折れるわけではない」とやめず、第2セットでブレークを奪った。
 
しかし薬を飲んで続行した直後、苦渋の表情で棄権を決断した。
 
 錦織は前哨戦で左脇腹を負傷し、今大会は1回戦から痛みで集中できなかった。
 
3回戦後には「比べものにならないぐらい、痛みが強くなった」と言う。
 
試合中は相手より、痛みと闘う方が比重が大きく、「人生で一番痛みと闘った」。
 
 リオデジャネイロ五輪代表に決まっているが「テニスはしばらくできないし
 
まず治療に専念するしかない」。
 
不安を抱えながらの残り1カ月になりそうだ。
 
 
 
 winbledon
 
 
 
ウィンブルドン開催当初から僕の不安はありました。
 
というのも錦織圭選手は芝コートでの怪我による棄権が多いんです。
 
2015大会も左ふくらはぎ痛で棄権。
 
そして今大会前の前哨戦で左脇腹負傷。
 
 
残念ながら不安は的中してしまいました!
 
残念。
 
 
リオデジャネイロ・オリンピックもあるので
 
しっかりと治してまた夢を見せて欲しいものです。
 
 
あとはランキング1位のジョコビッチも早々に姿を消しちゃいました。
 
グランドスラムタイトルがかかっていただけに残念でした。
 
 
 
 
 
僕はテニスを続けています。
 
といっても僕はプロの選手ではないしコンスタントに試合に出るというわけでもありません。
 
スクールに通うわけでもなく毎日練習するというわけでもありません。
 
 
ただ昔から観るのもするのも好きで時間を作っては友人たちと楽しくプレーしています。
 
 
 
最近では単に「好きだし楽しい」ということに加え
 
健康管理という意味合いも加わってますます重要な趣味になってます。
 
 tennis2
 
 
僕のテニスはせいぜい週に1度でスケジュールが詰まって
 
どうしても2週間空いてしまう時もあるような
 
そのくらいの無理のない感じで続けています。
 
 
 
運良くずっと続けることができていますが
 
これが毎日日記をつけるとか
 
毎日何かをするということになると
 
僕にはちょっとハードルが高くて途中で挫折した可能性が大きかったと思います。
 
 
 
自分に合ったペースでできるものというのが大事なのではないかと思います。
 
 
 
何かを続ける時に大事なのは
 
 
「続けることを目的にしない」ということです。
 
 
続けた先のゴールあるいはその先に待っている何かが見えるようにすることが
 
続けるコツなんじゃないかと思います。
 
 
 
ここで重要なのは
 
「続けていてよかったと思えることが必ず待っている」ということを
 
自分が信じて続けることです!
 
 
とくに僕のテニスのようなただの趣味程度のことだったらまだしも
 
仕事や自分自身への何かチャレンジに関することでしたら
 
何があってもあきらめずに続けることです。
 
 
 
「何があっても、どんなことがあっても続ける」
 
 
そうすれば続けた先にある素晴らしいものにきっと出会えるでしょう。
 
 
 
ネットビジネスはビジネス。
 
テニスは趣味。
 
両方続けることで自分に何が待っているのかを考えるとワクワクします。
 
 
 
そんな価値観を共有できる仲間ともっとワクワク・ドキドキしていきたい!
 
待ってますよ!!
 
 
      ピンときたら
       ⬇︎⬇︎⬇︎

3高せどりコミュニティメンバーヘッダー___lp

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ